Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

海外勢のデッキを使ってみました!​

今回はグウェント デッキライブラリで評価の高かった海外勢デッキを紹介します。
グウェント デッキライブラリは以下から↓
https://www.playgwent.com/ja/decks

・MORKVITNIR
のデッキです。
では早速いってみましょう!

横の動きは許さない

デッキリストはこちらです。
MORKVITNIR

リーダーアビリティは再活性。

<ある程度分かる方向け>
・再活性で一気に戦力値を稼ぐ

がポイントです。
大剣使い、ダグルをうまく残せるか、が肝です。

<はじめたての方向け>
いくつかのポイントに分けて説明します!
①このデッキの強み・弱み
・強み
再活性を組み合わせて1ターンで大きく戦力値を稼げます。ミドルラウンドが得意なデッキです。

・弱み
戦力値を稼ぐユニットが決まっています。司祭もいないので、大剣使いとダグルが狙い撃ちされると厳しくなります。

②このデッキのキームーブ
・ダグル or 大剣使い+ダメージカード
この動きを決められるかが全てです。ダメージカードは「ヘムダール」「アヴァラックの天候」「モークヴァーグ」「スケリッジの嵐」「急襲艦隊」「精神錯乱」「ロングシップ」「軍船」が基本です。

・矢盾でユニットを守る
先に出すことで後続のユニットを落とされにくくします。自身も的になるので先出し必須カードです。

・エルミオンで錬金術プレイ
シグルドリファの儀式、フラヤの祝福、精神錯乱、ルーン石がデッキから使えます。デッキ圧縮にもなるので、手札に来たらキープしましょう。

③マリガン時の注意
シグルドリファの儀式、フラヤの祝福は1R目はデッキに戻しましょう。キーカードの大剣使い、ダグルは手札に持っておきたいです。

④動き方
・ラウンド序盤
矢盾、ロングシップなどで場を作りながら、相手の厄介なユニットは徹甲矢、強打で除去しましょう。アヴァラックの天候も序盤に切ってOKです。豪雨が相性のよい天候ですが、状況によって変えてもOKです。

・ラウンド中盤
大剣使いを並べてダメージを当てつつ、戦力値を稼いでいきます。出す列を間違えないように注意しましょう。

・ラウンド後半
スケリッジの嵐、ヘムダール、モークヴァーグなどとダグル、大剣使いを組み合わせましょう。

・その他
ドリファの儀式は基本的にダグルでOKです。復活方法は豊富なので1R目からダグルは積極的にプレイしましょう。

<バーゲンが使ってみた感想>
どのタイミングで再活性を切るかが難しいです。早すぎると除去され、遅いと戦力値が届かない…。
対戦動画では残響スコイアに負けてしまいましたが、可能性を感じる戦いでした!
ぜひ参考にして使ってみて下さい!

いかがだったでしょうか?
大きな一手で戦況を返す!
ぜひ挑戦してみて下さいね◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる