Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

海外勢のデッキを使ってみました!​

今回は視聴者からの紹介で海外勢のデッキを使ってみました。

では早速いってみましょう!

封印型敵陣ブースト

デッキリストはこちらです。

リーダーアビリティは帝国陣形。

<ある程度分かる方向け>
・敵陣バフからのリドーフィニッシュ

がポイントです。
序盤門が引けるかで動きが変わります。

<はじめたての方向け>
いくつかのポイントに分けて説明します!
①このデッキの強み・弱み
・強み
封印を与えるユニットが多く採用されており、除去力もあるため、相手の動きを崩せます。
ヴァティエールのためにあえて相手にブーストを与えて奪う動きも強力です。

・弱み
相手によって動き方を変えなければいけない、が最大の弱点、というか難しさになります。
ヴァティエールを使うには対象の相手ユニットに封印を与えないといけません。そのため「封印をどのユニットに与えるか」を的確に判断できないと苦しい展開になります。
また多くユニットを出してくるワラワラ系には対処法が少ないので、必然と苦手になります。

②このデッキのキームーブ
・高戦力値に封印付与→ヴァティエール
決まれば一番強い動きです。ヴァティエールの戦力値が3で命令のため、うまく場に残るよう相手の除去札を切らせる必要があります。

・門→変装の達人
これが序盤にできるかも大事です。マリガン時は積極的に門を引きにいきましょう。

・帝国陣形→アファン
デッキ圧縮+戦力値アップに使えます。1ターンで動けばリーダーアビリティで8点+アファンで5点なので13点を追加する動きが可能です。

・相手ユニットブースト→ヴァティエール or イェネファーの祈祷
ヴァティエールで強奪するため、あえて相手の封印したユニットに騎士や密集陣形でブーストを与えるのも効果的です。ヴァティエールが引けていない時はイェネファーの祈祷で除去も可能となります。

・セリット+オーケス+レソ
この3枚が手札に集まるか、も重要な要素です。すべてが手札にあればまずはレソから。セリット or オーケスは相手の動きによって順番が変わります。

③マリガン時の注意
門で変装の達人が確定のため、マリガン時は変装の達人をデッキに戻しましょう。
アファンもデッキの中でOKです。

④動き方
・ラウンド序盤
門があれば門からプレイ。なければ騎士や密集陣形を並べていきましょう。相手にユニットがいない状態で騎士を出すと相手へのブーストは発動しないので7点として場に出せます。帝国陣形+アファンはここで使いきっても問題ありません。

・ラウンド中盤
手札によって相手のどのユニットを封印 or 除去するか考えながら動きます。ヴァティエールが来ていれば、相手の高打点を出すユニットを放置するのもありです。

・ラウンド後半
ヴァティエール、イェネファーの祈祷を決めていきましょう。ヴァティエールを守るためには守護者を先にプレイしてから出すのがベターです。ただ、浄化ユニットなどで返された場合は守り切れません。ラウンド序盤で帝国陣形をあえて使わず、ヴァティエールをブーストして守ることも選択肢です。

・その他
ラーモンは兵士タグを持っているユニットしか使えないので、騎士か重装騎兵となります。
ヴァティエールは近接列で発動なのでご注意を。

<バーゲンが使ってみた感想>
門が引けないとかなり厳しかったです。
いかにヴァティエールを守れるかも重要なので、考えることが多いデッキです。
マリガンがしっかりできれば動きやすいので、ぜひ対戦動画も参考にして使ってみて下さい!

いかがだったでしょうか?
ヴァティエールが決まれば戦力値の差を大きくひっくり返せるので、ぜひ挑戦してみて下さいね◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる