Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

視聴者のデッキを使ってみました!​

今回は視聴者に教えてもらったデッキを紹介します。
では早速いってみましょう!

アーマー自傷

デッキリストはこちらです。

リーダーアビリティは再活性。

<ある程度分かる方向け>
・ダグルとモークヴァーグが決め手

がポイントです。
司祭をいかに通すかもポイントになります。

<はじめたての方向け>
いくつかのポイントに分けて説明します!
①このデッキの強み・弱み
・強み
ショートラウンドからロングラウンドまで幅広く戦えます。相手によって戦い方を切り替えられるのが特徴です◎

・弱み
戦力値を出す得点源が決められているので、そこを止められると厳しくなります。もちろん引けない場合も同様です。

②このデッキのキームーブ
・司祭の右にオラフ or ドラコタートル or ドラッカー船
司祭はこのデッキの戦力値を出すキーユニットです。
フラヤの祝福も司祭に使用で問題ないです。

・ダグル+モークヴァーグ
相手がブースト系のデッキであれば強烈な動きができます。
モークヴァーグは1R目で使っても再活性で戻せるので積極的に使いましょう。

・アーマー持ちユニットにマードローメ
ドラコタートルに使うのが一番戦力値が出せます。
状況によっては他のアーマー持ちに使いましょう。
あえて相手に使ってモークヴァーグの的にするのも効果的です。

③マリガン時の注意
司祭は持っておきたいです。1R目の場合、フラヤの祝福、シグルドリファの儀式はあまり必要ないので返しましょう。

④動き方
・ラウンド序盤
司祭で戦力値を伸ばしていきましょう。ドラッカー船、ドラコタートル、オラフなどがあれば積極的に出してOKです。1R目は取りたいので、手札をすべて使ってでも取りにいってOKです。

・ラウンド中盤
殺戮者で相手の戦力値を下げる、略奪者で自陣の戦力値を上げる、などで長いラウンドでも戦えるよう動きましょう。オラフ+クヌートも中盤で使える強い動きです。

・ラウンド後半
ダグル+モークヴァーグで一気に戦力値を上げましょう。墓地にどちらもいない場合は、場を整えるまで2手かかるので鋼の盟約でユニットを守れるよう動きましょう。

・その他
ハラルドから出る骸は司祭、殺戮者、略奪者とも相性が良いです。引けたら早めにプレイしましょう。

<バーゲンが使ってみた感想>
1R目でどんどん攻めるのが大切です。動画でも1R目、相手にキーカードを切らせたので最後勝ち切ることができています。ぜひ対戦動画も参考にして使ってみて下さい!

いかがだったでしょうか?
攻める闘い!ぜひ挑戦してみて下さいね◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる