Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

海外勢のスコイア=テルデッキを使ってみました!​

今回は強いと噂のスコイア=テルデッキを使ってみました!
海外の方の構築です。
では早速いってみましょう!

Necrotal

デッキリストはこちらです。
Necrotal

<ある程度分かる方向け>
・ベルのシエルの使いどころ

がポイントです。

<はじめたての方向け>
いくつかのポイントに分けて説明します!
①このデッキの強み・弱み
・強み
エルフ軸のデッキなので、アイセングリム、ヤエヴィン先鋒などが強く使えます。除去力も高いので相手の邪魔もしやすいです。

・弱み
エルフが並ばないと力が出し切れないので、盤面にうまくユニットを残しましょう。

②このデッキのキームーブ
・横並びからの巨大オーク
スコイア鉄板の動き。読まれやすいですが、リーダーアビリティ、ベルノシエルの動きで、より並べやすくなりました。

・エルフ5体でエリレン
序盤で出してしまいたい動きです。先行であればストラタジェムで2対エルフが場に出るので、安定して序盤に出せるようになりました。

・エルフ並べてヤエヴィン
期待値は5点くらい出してほしいところです。他にも除去ユニットが多いので、早めに切ってしまってもOKです。

・リーダーアビリティから歩哨圧縮
時としてあえて手札に1枚キープもありですが、基本はデッキへ。

③マリガン時の注意
歩哨、エリレンはデッキに戻しましょう。
ムレアガ、エトリエルはセットで手札に欲しいです。

④動き方
・ラウンド序盤
先鋒、精鋭兵、で自陣を作りつつ相手ユニットにはダメージを当てて形を作らせないよう動きます。手札が悪ければマッタで後半の準備をするのもOKです。

・ラウンド中盤
エルフを徐々に並べていき後半のアイセングリム、巨大オーク樹の動きにつなげましょう。ムレアガ、エトリエルは除去されるためあまり決まらないです。

・ラウンド後半
ベルノシエルは間接でオーク樹の礎に。アイセングリムも価値が増すので、間接でも強いです。

<バーゲンが使ってみた感想>
エルフ中心なので、カテゴリによる事故が少ないです。
相手の除去もできるので、動きに幅があるのが使ってて安心。
無事ランク4昇格を果たした対戦も参考に、使ってみて下さい!

MagecT

デッキリストはこちらです。
MagecT

<ある程度分かる方向け>
・ハイランダーなので臨機応変に!

がポイントです。

<はじめたての方向け>
いくつかのポイントに分けて説明します!
①このデッキの強み・弱み
・強み
デッキのカードが重複していないデッキなので、相手にカードが読まれにくいです。レイデヤで勢力ストラタジェムを呼べるのも強みです。

・弱み
引けないとかなりきついです。序盤はデッキ圧縮も意識しつつ後半につなげましょう。

②このデッキのキームーブ
・死んだふりを1ターンで第二章までプレイ
レイデヤのストラタジェム、リーダーアビリティでシナリオを一気に進めます。1ターンで進められるのはやはり強いです。
ちなみにリーダーアビリティで死んだふりも呼べます…!

・調和ユニットブースト
調和アビリティを持っているユニットを先にプレイしてどんどんブーストしていきましょう。

・毒でユニット破壊
ニルフだけじゃない!毒ユニットで攻めていきましょう。

③マリガン時の注意
圧縮ユニットのフォーヴとマッタは引き込みたいです。

④動き方
・ラウンド序盤
調和ユニットを並べてブーストしていきます。除去札は限られているので相手のキーカードにぶつけましょう。

・ラウンド中盤
調和ユニットの残り具合を見ながらどのタイミングでシナリオを使うかを見極めましょう。
相手の高戦力値は毒で消していきます。

・ラウンド後半
レイデヤを出すとだいたい「あ~その動きね」とバレることもあるので、なるべくラウンド後半に出すことをお勧めします。
死んだふりからのベルノシエル or アイセングリムで一気に打点を出します。

・その他
エルフ軸と違い、アイセングリムをうまく活かすのもポイントです。
エルフはなるべく大切に扱いましょう。

<バーゲンが使ってみた感想>
一手でシナリオを第二章まで、が強力すぎます。破壊される恐れもないので鬼に金棒…
ぜひ対戦動画も参考にして使ってみて下さい!

いかがだったでしょうか?
ハイランダーに惹かれつつありますが、マリガンが渋い私には鬼門かも…
皆さんはしっかりパーツを引いて楽しんでみて下さいね◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる