Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

新環境デッキ紹介!​

大会も今週末にせまり、どのデッキを使おうかまだ悩んでる人も多いのではないでしょうか?
そこで今回も新カードを採用したデッキを複数紹介します!
デッキは
・Twitch
・グウェント デッキライブラリ
を元に選んでいます。
デッキ数が多いため、使い方などは簡単な説明になりますが、ぜひ参考にしてみてください!
では早速いってみましょう!
※デッキ名はバーゲンが勝手に命名してます
7コスを呼ぶ声

TheMG7のデッキです。

ストラタジェムは影の壺。遺言に相性ピッタリです。
ぺニテントがデッキの7コストを呼べるため、夜の女王以外はほぼ腐りません。
捕食もできるので、状態ニルフの毒もかわせます。

<デッキの動き>
遺言、捕食をバランスよく繰り返します。リーダーアビリティはデトラフに使い、カイランで捕食がベースですが、相手によって変えてもOKです。
ぺニテントから7コストを呼ぶ動きはぜひ決めたいところ。プゴを呼べれば強いです。
状態付与されたら、捕食で回避しましょう。
調和スペル

Melwasul33のデッキです。
Melwasul33

調和+スペシャル中心のデッキです。
ハラルド・ゴードがいることでショートラウンドにも対応可能です。
パヴコも最大限活かしやすい構成なので、ぜひ毎ターン2ダメージを狙ってみて下さい◎

<デッキ動き>
基本的には調和を持つユニットを先に並べてどんどんブーストしていきます。枝垂れ柳の毒、ユニットのダメージ、スペシャルでの除去など相手の盤面をコントロールしやすいです。
横並びの対処が降伏しかないので、マレーナと組み合わせて対処する必要があります。
評議会からはゴード確定ではないのでご注意を。
密偵ニルフに同化を添えて

MoleWitcherのデッキです。
MoleWitcher

帝国陣形で執行官を活かし、密偵を投げるデッキです。
喉の乾いた女から出すと、だいたい状態ニルフと勘違いしてくれます。
如何に騙しながら戦い、最後に密偵とばらすか、がポイントです。

<デッキ動き>
序盤は喉の乾いた女、帝国の毒牙などで状態ニルフを装います。
中盤から執行官をプレイし、リーダーアビリティでブースト。そこからは密偵のオンパレードです。
貴族ユニットが少ないので、仮面舞踏会発動の管理は重要です。

いかがだったでしょうか?
そろそろ私も大会デッキを考えます!

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる