Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

視聴者のデッキを使ってみました!​

今回は視聴者のデッキを紹介します。
では早速いってみましょう!

ハイランダー・ミル

デッキリストはこちらです。

リーダーアビリティは。

<ある程度分かる方向け>
・蛇流派ウィッチャーと操る者が初手にあるか

がポイントです。
以下視聴者の方から簡単な使い方補足。
——————
ミルです。
注意点は、「マッタを相手のデッキが0枚の時に使ってはならない」です。効果が発動しません。

4コストに毒ユニットが2体いますが、あまり過度な期待はできません。…最悪の場合、アルトリウス=ヴィゴの複製によって毒で勝つことも見据えていますが…。
——————
<はじめたての方向け>
いくつかのポイントに分けて説明します!
①このデッキの強み・弱み
・強み
ミル=相手のデッキを0枚にして勝つ!がコンセプトです。決まれば圧勝。決まらなければ大敗がありえるデッキです。

・弱み
キーカードを引けない時はほぼ負けてしまいます。

②このデッキのキームーブ
・蛇流派ウィッチャーを操る者で増やす
これにより相手陣地に蛇流派ウィッチャーが出るので、公爵の情報員、治療実験で強い動きに繋がります。

・カンタレラ→ヘンゲイズ
相手のデッキを圧縮。蛇流派ウィッチャーが相手の場にいるときは公爵の情報員をコピーでもOKです。

③マリガン時の注意
全てはここにかかっています。蛇流派ウィッチャー、操る者を引きにいきましょう。

④動き方
・1ラウンド
相手のデッキを圧縮します。
上手くいけば操る者からの蛇流派ウィッチャーを展開して、
・公爵の情報員
・蛇流派ウィッチャー
・カンタレラ
・ヘンゲイズ→カンタレラ
・トラヒャルン
・マッタ
・ヴィゴ
で7枚程度は相手のデッキを削れます。

・2ラウンド
さらに削りましょう。
・治療実験
・屍術
で2枚削れます。
この段階で9枚相手のデッキを削れているので実質3ラウンド目は相手のデッキが0枚です。

・3ラウンド
・フォルツ
・インペリアルゴーレム
などで相手のキーカードを破壊。
相手デッキが0枚であれば強力な動きが可能です。

・その他
2ラウンド目に相手のデッキを0枚にするため1ラウンド目は勝利しておきたいです。

<バーゲンが使ってみた感想>
初手の条件が整わず、苦戦を強いられました…。
上記の動きができなければ苦しい戦いになりますが、何とか勝利することもできます。
引けなかったときはどうするか、対戦動画を参考にして使ってみて下さい!

いかがだったでしょうか?
決まれば強いミルフデッキ!
圧縮カードが増えれば需要?も増すので、デッキタイプとして覚えておいてください◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる