Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

視聴者から相談が来ました!​

今回は視聴者からデッキの相談を頂き、配信内でいろいろな意見をもらいました。
組みたいデッキはあるけれど、カードが足りない…
そんな方も多いと思います。
少しでも今回の記事が参考になれば嬉しいです。
では早速いってみましょう!

北方焦土コントロールを求めて

まず、作りたいデッキはこちらです。

そして視聴者の持っているカードで組めるのはこちら↓

<持ってないカード>
・ファリバー
・アダリア
・トリス
・黒のレイラ
・シレ
の5枚です。

視聴者の悩みは大きく分けると2つ。
①足りないカードの生成順位
②代用カードの採用はどうするか
でした。

①足りないカードの生成順位
これを考えるためには
【このデッキのキームーブ】
を考える必要があります。

このデッキのキームーブは大きく分けて2つ。
・挟撃でネネッケ→焦土
・亡霊兵を継続利用

ネネッケと焦土は既に持っているのでOK。
もう一方の亡霊兵。ユニットを増やせる、
・アダリア(亡霊兵生成)
・トリス(禁断の魔術入手)
が不足しています。
そのためこれらのカードは生成優先度が高いです。
※トリスは相手のデッキにも依存するためアダリアの方が優先度が高い

ファリバーもラウンドをとる際に非常に頼りになるユニットなので優先度は高め。

シレとレイラも打点調整ができ、亡霊兵の継続利用に必要ですが、足りない5枚の中だと優先度は下がります。
レイラは残ると強いですが焦土コントロールに戦力値5が引っかかる可能性があるため、プレイングが難しいことを考慮するとシレよりも優先度は下がります。

これらを考慮すると、
1.アダリア
2.トリス
3.ファリバー
4.シレ
5.レイラ

の順になります。
もちろんこの順位は考える人によって変わります。

配信中の意見ではファリバーが1位という方もいました。
焦土コントロールでは後手をとるほうがよく、そのためには1ラウンド目を勝ち切れるカードが必要。
その役を担うファリバーは外せないという考えです。

もちろんどちらが正解、というわけではありません。
皆さんなりの考えを元に順位を決めていきましょう。

②代用カードの採用
結論から伝えると以下のデッキになりました。

ちなみに構築コストは余っています。
無理やりコストを使い切るよりも、連携できるカードを入れて戦いやすくしています。

<完成させたいデッキとの相違点&採用理由>
基本的には視聴者が持っているカードを元に選定しています。
・ゲラルト
→視聴者の方のランク帯、1ラウンド目を取る高戦力値破壊、だれでも持っているカードなどの理由で採用。

・ジョン
→デッキ圧縮で採用。

・ステニス
→ヴィッセゲルドとのシナジー。
 間接列にプレイすれば増えた亡霊兵4体などにブーストできるため。

・ボッチリング
→いまだ健在残ればめんどくさいユニット。亡霊兵を守る的にもなる。

・ヴィッセゲルド
→ネネッケとも相性よし。亡霊兵をブーストできればよりGOOD。

・煮え立つ油(弩弓兵外してます)
→ジョンを採用したのでこちらをチョイス。打点調整も可能。

のようになりました。
もちろん採用カードは自分がどのカードを持っているかにも左右されます。
大きな考え方は参考になると思うので、ぜひ皆さんも自分の組みたいデッキに近づける構築を目指しましょう!

<バーゲンが使ってみた感想>
ランクマッチでも使用してみました!
コストが余っているとは思えないほどの力があります。
どのタイミングで焦土を打つかなど判断は必要ですが、十分戦えるデッキになりました◎
ぜひ対戦動画も参考にしてみて下さい!

いかがだったでしょうか?
デッキ構築でのご相談などもお気軽にご連絡くださいね◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる