Gwent Official Partnerによる非公式攻略サイト

ランク0への軌跡!

バーゲンランク0到達への道✨

まずはハラルド・ゴードデッキでランク4に無事到達しました!
自身の最高ランクが4なので、自己ベストタイ。
ここから何のデッキを使うのかはまだ決めていませんが、昇格のかかった1戦の緊張感は格別です。
記録と共に対戦をざっくり振り返るので、デッキの使い方など参考にしてみて下さい◎

ゴード型スペルドワーフ

ランク4昇格に使ったデッキリストはこちらです。
ゴード

戦績はこちら↓
戦績
①このデッキの強み・弱み

・強み
ゴード採用によりショートラウンドも強い

・弱み
除去カードが限られているのでエンジン系は苦手

②このデッキのキームーブ
・横並びからの巨大オーク樹
後半に強い一手。横並びを作るカードが多いのでミドルラウンドでも使えます。

・ノヴィグラド流の正義からの狂戦士
基本は狂戦士です。決まれば強いエンジンが作れます。

・賢者からのスペシャルカード
先に賢者を置いてから相手ユニットをスペシャルで対応。残れば10点は余裕で超えます。

③マリガン時の注意
正義は引くしかないのでなるべく引きに行きます。フォーブがいるので自然カードも1枚はデッキに戻しましょう。

④動き方
・ラウンド序盤
賢者をプレイしてスペシャル中心に戦います。
評議会はフォーブ確定、エルフは賢者かアヴァラックなので序盤に使いやすいです。

・ラウンド中盤
フィギス or 仲間たち+マンロウで盤面を支配。巨大オークをこの辺りで使う選択も必要です。

・ラウンド後半
ゴードがフィニッシャー。相手によっては胞子が最後などもあり得ます。

・その他
月の粉と雷撃は非常に重要。序盤に切るのか、後半までキープなのかは相手によって変わります。
守護者警戒なら基本は残します。

<バーゲンが使ってみた感想>
昇格戦はミラー戦でした。しっかりと相手のデッキ構成が分かった上で戦えたので、終始支配できたと思います。
北方諸国は厳しい印象でしたが、月の粉、雷撃の打ちどころ次第では十分戦えます。
ゴードは9点~14点程度の間だったのでコスト分の働きは固いです。
ぜひ対戦動画も参考にして使ってみて下さい!

いかがだったでしょうか?
昇格戦で配信が落ちるという何というサプライズ…
マリガンが厳しい試合もありましたが、勝ち筋を諦めず戦い抜けたと思います。
良ければゴード型、挑戦してみて下さい◎

では今日もレッツエンジョイグウェント!

メニューを閉じる